蜂の巣退治をする前に知っておきたい再発対策

蜂の巣は再発する可能性が高い 蜂の巣は再発する可能性が高い

再発防止のために巣が出来やすい環境を知ろう

蜂の巣の再発防止をするためには、蜂が巣を作りやすい環境をよく知っておくことが大切です。一度、蜂の巣退治をした場所は、蜂が巣作りをしやすい環境として覚えておきましょう。蜂が好んで巣を作る環境を3つ紹介します。

再発リスクの高いアシナガバチが好む環境

天候の影響をうけない
蜂の巣は、女王蜂が一匹で作り始めます。既に卵を持っていますし、安全性を重要視するのは当然です。営巣するのに安全な環境として大事なのは、まず天候に左右されないことです。雨や風を防げる環境、つまり軒下や天井裏などには、蜂の巣退治で目を付けておく必要があります。
閉鎖的な空間
外敵から発見されにくいように、狭くて閉鎖的な環境で巣作りしやすいのも蜂の特徴です。人間からも見つけにくく、しかも閉塞した環境ですから、素人には蜂の巣退治が難しくなります。排水口や床下など、思わぬところに蜂の巣が見つかることがあるのです。
餌場が近くにある
巣があるだけでは、蜂は幼虫や卵を育てることができません。幼虫が成虫になってからも、エサが近くにある環境が最適です。そのため、蜂はエサ場が近くにある場所に巣を作ります。極端な例では、ミツバチの巣が近くにある場合、他の蜂の巣退治を重視しなければなりません。

自宅でアシナガバチが巣を作りやすい場所

軒下に巣を作ることが多いです(50代/女性)

都会にも多く発見される蜂は、建物でいえば軒下や縁の下などでよく巣を作ります。一軒家の軒下などはもちろん、マンションのベランダなどにも巣作りをされて、蜂の巣退治の業者が呼ばれることがあるので油断は禁物です。

庭も巣を作りやすい場所です。(40代/女性)

雨や風をしのげる環境として、葉の多い木の上などに蜂が巣作りをすることがあります。庭に木がある我が家では、何度かアシナガバチに巣を作られて、蜂の巣退治の業者さんにお世話になりました。再発防止にも、力を入れていきたいです。

TOPボタン