自分でできる再発防止策はこれだ!蜂の巣退治をしないで済む方法

蜂の巣は再発する可能性が高い 蜂の巣は再発する可能性が高い

今すぐに実践できる再発防止策

蜂の巣退治の再発防止策としてできることは、環境別にあります。蜂の巣退治を依頼したら、すかさず再発防止策にも取り組みましょう。庭や屋根裏、戸袋、建物の外周など、環境別にとっておきたい再発防止策について、紹介します。

蜂が巣を作りやすい場所別の再発防止策

庭で蜂が巣を作りやすいのは、植栽です。特に、葉がうっそうと茂っている状態は、蜂が好む雨風をしのげる環境となってしまいます。そのため、蜂の巣退治を行っても、再び蜂の巣を作られてしまう可能性があるのです。再発防止策としては、定期的に枝切りをするなどして、葉がこんもりと茂るような空間を作らないようにしましょう。
屋根裏
蜂の中には、土の中に巣を作る種類もいます。床下は普段あまりのぞかない場所ですし、最近どうも蜂がよく出入りしていると思ったら蜂の巣ができていたということは珍しくありません。屋根裏も同様で、閉鎖されたような空間を好んで蜂は巣を作るのです。蜂の巣退治をした後の再発防止策としては、通気口などの隙間を掃除して金網などでふさいでおく方法があります。
戸袋
人の居住空間で、蜂が巣を作りやすい場所として、戸袋があります。こんなところに、と驚いてしまう空間ですが、狭い空間に巣を作るのが蜂は大好きなのです。特に、開閉をあまり行わない戸袋なら、蜂の恰好の巣場となり得ます。蜂の巣退治をしたなら、毎日のように開け閉めをすることで、戸袋の蜂の巣作り再発防止をしましょう。
建物の外周
地中にも巣作りをする蜂がいるように、建物の外周ですら油断はできません。うっかり巣を踏みつけて蜂を刺激してしまったら、集団で襲われることもあるかもしれないのです。発見したら早めに蜂の巣退治をし、再発防止に努めましょう。再発防止法としては、外周をきれいに整えておくことです。物を積み重ねておいたり、ゴミを溜めておくのは厳禁です。
TOPボタン